保守管理を外注すると「200万円」以上お得に!

現代、IT化が進むにつれて便利なサービスが増えたことにより社内に専門化を雇用し、常駐する必要性が無くなってきました。そのため大多数の企業が自社の業務を見直しはじめ外部に任せることの出来る業務はつぎつぎに外注化を進めています。

WEBサイトの保守管理を外注することで通常雇用する場合と比べ、年間「200万円以上」の経費削減になる方法をご説明します。

社員雇用の「リスク」

全国の1年間の離職率は15%といわれ社員雇用には「突然の退職」というリスクがどうしても付きまといます。

「担当者が退職してしまい、サーバー更新やドメインがわからない」
「メールアドレスや記事の作成方法がわからない」
「アクセス解析の見方がわからない」

今までにサイト担当社員の突然の退職によってこのような経験、不安はなかったでしょうか。

雇用と外注の比較

社員の退職後、新たなIT担当者を採用する場合

・最低「260万/年間」の人件費
・人材会社への紹介手数料(※年収の30%)
・面接、教育、引継ぎの手間
このような費用のリスク、業務の手間が発生いたします。

しかし一方、保守管理を外注した場合

5万×12ヶ月=60万/年間

とかなり低価格に抑えることができるため「200万円以上」の経費削減になり、お得です。ドメイン情報や、社員メールアドレスの管理も一括で行うことができます。当然ながら外注のため退職リスクがなく「急に退職してドメインがわからない!」というトラブルの心配もありません。

「外注」メリットのまとめ

いかがでしょうか。
社員雇用から、保守管理を外注化することにより
・年間200万円以上お得に
・ドメイン、アドレス情報を一括管理
・急な退職リスクの排除

このようなメリットを受けることができます。

急な担当者の退職、業務の見直しの際にはぜひ、ご検討頂ければ幸いです。

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

WordPress コメントの投稿者 にコメントする コメントをキャンセル

*